0歳からの子守唄教室

☆日 時 毎週木曜日 11:00~12:00(開場は10:00なので早めに来て遊んでいてもよいです)

☆場 所 新潟市西区 内野西が丘駅から徒歩10分程度 

☆対 象 妊婦の方から未就学児のお子さんのパパママ 

☆参加料 500円

☆参加方法 こちらをクリック⇒お問い合わせ

☆内容と説明 

親子でゆったりと、子守唄を歌いましょう!

赤ちゃんの習い事というよりは、パパママの育児講座的な要素が強い講座です。


その昔、新生児は目が見えない、耳が聞こえないと信じられていました。でも今は、胎児の頃から音を聞き、生まれた直後でも目が見えるということが分かっています。

赤ちゃんは胎児の頃から備わっている「見る・聞く」という能力を使い、多くの機能を発達させていきます・・・!


子守唄は子どもの寝かしつけの時だけでなく、日常的に子どもとのコミュニケーションのツールにもなります。

パパママとの温かいふれ合いや愛された思い出は幸せな時間として子どもの記憶に残り、自分を大切にして生きる支えとなることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子育てには成功失敗はないと思います。

でも、結果はあります。そして原因もあります。(ポジティブにもネガティブにも聞こえますが・・・)

子育てのアプローチは多種多様で、十人十色。

また、紹介される子育て法もたくさん・・・。

じゃあどうすれば?と真面目に悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。

そんな時「子育ては自分がやられたようにしかできない!」と聞きました。

私自身、「確かにそうだな」と子どもと向き合いながら、そして自分と向き合いながら感じます。

自分の時代には合っていた「〇〇のときは△△する」というのが、子どもたち、今の社会に合わないということがあるように感じます。

子どもは決して自分の分身ではなく、一人の人間なのだということも感じます。


色々な困難を子どもと共に克服していく中で、「子育ては自分育て」なのだな・・・と強く思います。

子育ては医療のように臨床実験、治験が行われていないようです。多くの書籍などにある「〇〇のようにしたら◇◇に効果がある」ということはおそらく・・・。

子どもに何が良いのだろうと、私自身考えています。

どうやってアトピーを治すのだろう。どうやったらこの子の良い所を伸ばすことができるのだろう。


何を変えたら、アトピーが改善されていったのかと言えば、親が変わるということでした。

何を変えたら、元気に小学校、保育園に通えるようになったのかといえば 、親が変わることでした。

色んな事にチャレンジしましたが、結局は親と子の関係性がすべてなのだなという実感があります。

だからこそ、「子育てを学ぶことって大切なのだ」と、声を大にして言いたいのです。

そして、その手伝いをしたいのです。

「0歳からの子守唄教室」は音楽を教えるという教室ではなくて、子守唄(音楽)で親子の関係性を色んな意味で「深める」ということに重きを置きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経絡療法によるアトピー改善

アトピーの症状、治療方法は、その患者によって違います。

ステロイドで治る人、治らない人。

食事療法で治る人、治らない人。

環境を改善し治る人、治らない人。

私は上記のすべての方法を試しました。どれも、一時期は改善します。しかし、またぶり返してきました。

色々試して治らない・・・なぜ治らないのか、なぜ一時期は改善するのにまた戻ってしまうのか、と考えるようになりました。

色々なセミナーで学び、同じように苦しむ方々の話を聞き、そして自分で体験し、出した結論は「免疫力」です。

どんなに良い方法でアプローチしても、自分自身が治そうとしない限り、症状は繰り返されるのです。

免疫磁気療法は自分の免疫力を最大限に生かし、自分で自分を改善させる手助けをします。

薬漬けで、もうどうにもならない。

食事制限をして余計にストレスを感じて、症状が一向に改善に向かわない。

など、手を尽くしても改善しない方、試してみる価値は大いにあると思います。

写真は私の息子です。

上の写真は2017年7月。施術を行う前です。

下の写真は2017年12月。ステロイドを使わずにここまで改善しました。

アトピーのご相談、免疫磁気療法を試してみたいという方は、お問い合わせください。

お問い合わせ

免疫力を上げる改善されることがたくさんあります。

花粉症などのいわゆるアレルギー疾患。

また、多くの方が年齢を重ねたが故の症状であると思われている「血圧」「肩こり、腰痛」「更年期障害」なども改善します。

「薬を飲むことで病気になる」と書いてある書籍はたくさんあります。しかし、薬を飲むことで感じる安心感もあるのでしょう。

薬と併用して免疫力を上げていくという方法もあります。

薬はやめるものではなく、卒業するものです。